家計状況報告

2020年4月 家計状況報告【貯金額公開】-コロナナンピン-

こんにちは。3階から飛んだ男「三男」です。

会社にいくのが嫌で、3階から飛んだ凡人サラリーマンの三男が、ストレスのない蓄財によって、労働からの解放を目指しています。

毎月、私のリアルな家計の資産状況を、家計管理のノウハウと一緒に、積極的に晒していきたいと思います。

数字はすべて私のリアルですが、千円単位は四捨五入させていただきます。

2020年4月 貯蓄成果

資産状況

4月30日 総資産評価額 9,900,000円

預金・現金5,620,000円
世界株投信390,000円
米国ETF2,440,000円
日本株730,000円
その他700,000円

資産増減

 4/30資産   ー  3/31資産  =  資産増減

9,900,000円 ー 9,460,000円 = +440,000円

資産増減内訳

 資産増減  =  CF家計収支 +  運用損益

+440,000円 =   150,000 円  +  290,000円

家計のほとんどをクレジット払いにしているので、3月に使ったお金は、ほとんど4月の引き落としになっています。

引き落としに合わせた【キャッシュフロー(CF)支出】と、実際にお金を使ったときに合わせた【発生ベース支出】とに分けて管理していきます。

これだけ見ると、絶好調かのようにも見えますが、コロナショックで相場が下がりまくったところから少し戻したというだけです。

とはいっても、ひとまず少し安心しました。

支出分析

支出分析のルール

  1. 支出をざっくり把握
  2. 改善できる【固定費】がないかを中心に、チェック固定費以外はそんなに気にしない。
  3. ただし、一発で3万円を超えるものはチェック

発生ベース支出

発生ベース支出 120,000円

  食費 30,000円
  日用品  20,000円
  衣服 10,000円
  自動車 10,000円
  水道光熱費 10,000円
  通信費 20,000円
  事業費  10,000円
  その他 10,000円

※家賃は社宅扱いで、給与天引き

全体的には、例月より低く抑えられています。自粛とテレワークでお金を使う機会が減った

影響がでています。

通信費

20,000円と例月より高い

理由:NHK支払い 4,460円/2ケ月

三男は基本テレビ見ませんが、テレビ局の中ではNHKは割と好きなので嫌々ながら払ってます。

携帯料金

5月から、4,380円/月→ 0円/月

UQモバイルを今日解約、1年間無料の楽天モバイルに切り替え

楽天モバイルについては、こちらで記事にしています。

収支

収入

家賃天引き後 手残 310,000円

昇給は?

4月というとサラリーマンにとっては、毎年1度の昇給のチャンスという方も多いのではないでしょうか。

三男の会社は5月なのですが、コロナの影響がどう出るのか気になるところです。

来月はそちらについてもご報告します。

4月 発生ベース収支

  収入   ー 発生ベース支出 = 発生ベース収支

 310,000円 ー  120,000円   = + 190,000円

投資

定額積み立て

定額積み立て 130,000円

インデックス投信
 日経225インデックス
 eMAIS Slim全世界株式
 (積み立てNISA)

 10,000円
 40,000円
高配当米国ETF
 SPYD
 VYM

40,000円
40,000円
ウェルスナビ
 リスク許容度4

10,000円

スポット取引

買い

 SPYD 380,000円
 VYM 290,000円

コロナショック相場

三男は、コロナショックを長期的には買い時と判断して、買い向かっています。

暴落は、長期で見れば買い場です。

SPYDは、5/1時点で配当金利回り6.29%と、魅力的でもあるのですが、長期保有を考えるとコロナ相場と相性が悪いのではと考えるようになりました。

SPYD

S&P500構成銘柄のうち、配当利回りの高い銘柄に均等分散投資するETF

コロナショックの影響は、負け組・勝ち組がはっきり出るのではないかと思っています。

負け組 → 目下:自粛直撃系 飲食、イベント 中期:景気敏感系

勝ち組 → 巣ごもり系 IT、テレワーク関係

SPYDの特徴を考えると、SP500の中で、高配当⇒高リスク⇒コロナ負け組

が集まってくるのではないかと心配しており、保有を続けるのかどこかで手放すのか、近く判断が必要かなと考えています。

総括

支出が自然と減ったというのは良いことです。

もちろんこのままずっと自粛というのでは困りますが。

コロナショック相場については、今後も注視が必要です。

三男は現金比率をもっと下げていきたいので、長期保有できそうなものを、5月もまだ強気で買う方針です。

4月にあったこと、したこと

・会社業務の本格的なテレワーク移行

・コロナショックでのETF買い増し(ナンピン)

・携帯キャリアを楽天モバイルへ乗り換え

・ブログ開設

4月から学べること

・テレワークにすると、自然に支出が減る。