節約ネタ・マインド

楽天モバイルアンリミット2.0、非対応機種のGoogle Pixel 3a Xlで使ってみた!メイン利用もありでは?

本記事では、登録者300万名まで、プラン料金一年間無料、使い放題(!!)の
楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT 2.0」メリット・デメリットをまとめ、
非対応機種の「Google Pixel 3a XL」で、私が実際に使ってみた結果を報告します。

今Rakuten UN-LIMITにすると、携帯料金は一年間無料です!

もし、携帯料金を5,000円払っている人は、これだけで月で5,000円年間で6万円プラスです。

回線自体はかなり快適です!

Rakuten UN-LIMITは、対応機種がまだかなり限られているのが大きな弱点なのですが、実は、非対応機種でも結構使えます。

三男は、非対応機種の「Google Pixel 3a XL」で使っています。

SMS利用やフリーダイヤル発信ができないといったちょっと不安なこともありますが、ネット回線はかなり快適に使えています!

私はこのままメイン回線として利用してみる予定です。

これ多くの人がとりあえず契約してみてもいいのでは?
と思うのですが、あまり利用者増えていっていないようですね。参考になれば幸いです!

「Google Pixel 3a XL」での利用は、あくまで楽天モバイル非公式ですので、利用は自己責任でお願い致します。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT 2.0」とは

Rakuten UN-LIMIT 2.0とは、楽天モバイルが今年の4月から展開している楽天自社回線での携帯電話サービスです。

それまでは格安スマホキャリアとして、docomo、au、ソフトバンクのいずれかの回線を借りて運用してきましたが、楽天モバイルが第4のキャリアとして新規参入をした格好になっています。

携帯キャリア事業は一定数の利用者がいないと、サービス維持費用を賄えないため、楽天モバイルは早期に大量の利用者を獲得しなければいけません。

とはいっても、大切な生活インフラの一つの携帯通信を新しく新規参入したばかりの会社に切り替える人はなかなかいませんよね。

そこで、楽天モバイルは破格のキャンペーンを展開しています!メリットとデメリットをまとめます。

1年間通信料無料しかも、解約料なし
 ※300万名限定
 ※2年目以降は2,980円/月

楽天回線エリア内では、完全使い放題

初期事務手数料(税込み3,300円)を全額ポイントバック

楽天回線エリア以外も、パートナー回線内では、
高速通信 容量5GB/月
・超過後は、最大1Mbps使い放題

Rakuten Link アプリで
国内通話無料
海外→国内も無料

対応製品(機種)が少なすぎる

楽天モバイル回線エリアが限られている

やっぱり大手キャリアと比べるといろいろ不安

これ、結構癖が強いプランだとは思いますが、条件がぴったし当てはまるような人だと、1年間無料で、ネットも電話も使い放題となるんですよね。

しかも、1年間無料の間も解約料なしで解約が可能ですので、とりあえず契約してみて、自分に合わなかったら月額利用料が発生する前に解約してしまうという使い方もありです。

私は、自宅も職場も楽天モバイル回線エリア内で、非公式ではあるものの、もともと持っていたグーグルピクセルでほぼ満足して使えているので、メイン利用する予定で考えています。

デザリングも可能なので、今後も様子をみながら、インターネット回線の解約も可能かもしれないなと思っています。

一つ一つ見ていきましょう。

メリット

1年間通信料無料 しかも、解約料なし

通信回線の不安があるとはいっても、これ、やっぱりすごいですよ。

携帯料金は月に大手3キャリアなら5,000~8,000円ほど、

格安スマホキャリアでも、3,000円~4,000円ぐらい払っている人が多いんじゃないかと思いますが、これが0円になります。

しかも、解約料なしです。無料で使ってみてダメだったら解約すればいいって、、

なんだか騙されているんじゃないかと思ってしまいますが、これは楽天モバイルのトップページでデカデカと書いてあります。

一応※印がついていて、

機種代金など製品代等は別、となっていますが、それは当たり前ですね。

初期事務手数料(税込み3,300円)を全額ポイントバック

契約には、事務手数料税込み3,300円がかかります。ただし、これについては全額ポイントバック

細かい条件はありますが、これは普通に開通して、無料通話アプリの「Rakuten Link」を使用開始すれば大丈夫です。

Rakuten Link 使用開始の翌々月下旬ごろまでにポイント付与されるそうです。

楽天回線エリア内では、完全使い放題

楽天回線エリア内は、完全に使い放題です。

楽天回線エリア自体がまだ狭いのは弱点ですが、私は自宅も会社も楽天回線エリア内で、かなり安定して高速回線がつながっています。

これは、まだまだ利用者数が多くないからかもしれません。

デザリングもできますので、私は使いながら様子をみて、良さそうであれば、自宅のインターネット回線を解約することも検討しようかなと思っています。

楽天回線エリア以外も、パートナー回線内だったら結構使える。

楽天回線のサービスエリアは、まだ狭いです。またエリア内でも、途切れてしまうような場合もあるみたいですね。

そのような場合にもパートナーエリア内では、au回線に繋がります。その場合には、5GB/月無料で、超過後も最大1Mbpsで使い放題です。

これもまた結構破格ですね。

実はこれ、Rakuten UN-LIMITが発表された当初は、2GB/月で、超過後は最大128kbpsでした。

利用者数が思うように伸びていかなったことからか、大幅にアップグレードして、今の条件になっています。

楽天モバイル回線が信用できなくても、十分契約を検討するに値するプランになっています。

Rakuten Link アプリで、通話も無料

Rakuten Linkアプリを使うと、国内通話は無料で、海外→国内も無料です。

これは、、どうなんですかね。無料通話だけならLineとかもありますが、やっぱりそれよりはいいものなのでしょうか。

三男

電話する友達がいないので、正直よくわかりません。。

デメリット

対応製品が少なすぎる

なんといってもこれです!対応製品がぜんぜん少ないんです。驚くことにiPhoneもないです。

iPhoneの最新機種だけでも公式に対応していれば、利用者もグッと増えていたのでは思います。

たまたま対応機種を持っている人はいいのですが、

通信料が安くなるのを期待しているのに、そのために楽天対応機種を買わないといけないのはちょっと、、となってしまいますよね。

でも実はこれ、公式には対応していないものの、iPhoneや私のpixelを始め、多くの機種で利用ができたという報告が、ツイッターやブログ、YouTubeであげられています。

ただ、あくまで非公式で、やっぱり完全には使えないところもありまして、

これをどう考えるかはそれぞれの価値観次第かなあと思います。

私みたいに、動画視聴などネット利用メインの人はありです!

楽天モバイル回線エリアが限られている

メリットの話の中でも触れましたが、楽天モバイル回線エリアは限られていて、完全に使い放題なのは、楽天モバイル回線エリア内だけというのは注意が必要です。

ただし、楽天モバイル回線エリア以外でもパートナー回線で使えるのは、上で触れた通りです。

やっぱり大手キャリアと比べるといろいろ不安

携帯電話は今や大切な生活インフラの一つです。

災害時や緊急時のことを考えると、新規参入したばかりのキャリアを使うというのはやっぱり不安な部分もあります。

Google Pixel 3a XLで使ってみた。

三男は、

自宅も会社も楽天回線サービスエリア内

もともと持っている「Google Pixel 3a XL」でも使えるには使えるらしい。

Youtubeとかが通勤中とか外でも容量気にせずにみれたらいいな。電話はほとんどしない、災害など万が一には、一応会社の携帯もあるし何とかなるかな。

もしイマイチでも、無料だしいいか。

と考え、契約しました!

参考にしたのは、youtubeやブログなど、ツイッターにもたくさんつぶやきがありました。

特に「ぱぱのひとりごと」ちゃんねるの動画はとてもわかりやすかったです。

技術的な難しいことは全くわからない三男でしたが、皆さんが言っているがままに操作してみたところ、結構すんなり繋がりました!

約1週間使ってみて、三男の環境下では、以下のような状況です。

インターネット回線は、快適そのもの。早いし、無料で使い放題はかなりいいです。

電話は、フリーダイヤルへの発信だけはできませんでした。他は、テストしてみた感じではOK。

SMSは大丈夫なはず、なんですが、モノによってはダメみたいです。

SMSは、携帯端末からであれば問題なく届くのですが、Uver EatsやLineなど企業からの認証SMSがなぜ届きませんでした。

SMS認証がだめでも、メール認証にしたり、電話認証にすればいいだけなので、問題はありません。

三男

とりあえず、私の中では合格点です。

まとめ

まだまだ不安な部分もある「Rakuten UN-LIMIT 2.0」ですが、個人的にはそれを補ってあまりある破格の条件のサービスで、デメリットを受け入れられる人にはすごくいいのではないでしょうか。

ユーザーからの報告もブログやYoutubeで多数上がっていますので日々情報が更新されています。

興味がある方で対応機種を持っていない方も、一度調べられるとよいのではないでしょうか。

目が離せない楽天モバイル、今後もまたブログで報告していきたいと思います。