経済的自由

凡人が資産運用で不労取得を得て、経済的自由を目指す2フェーズと5ステップ

この記事では、三回から飛んだ男「三男」が、貯金ほぼ0から、20代で貯金1,000万円を達成した基本的な考え方をご紹介します。

また、三男も目標にしている、不労取得を得て、労働から解放されることを目標とした2つのフェーズ5つのステップを紹介します。

三男は稼ぎも平凡ですし、消費も平凡です。

だからこそ、普通の人にこそ参考になるような内容になると思います。

まず、この記事には、こういったことは書いていません

こうすればめちゃめちゃ稼げます!

この株を買えば何倍にもなるよ!

この記事に書いてあるのは、お金についての当たり前の原理原則です。

でも、この当たり前の内容こそが王道で

再現性のある経済的自由を達成するための道筋は、これ以外ないのではないかと、三男は考えています。

どのステップも重要で、経済的自由を達成しようと思ったら、一つとして省略することはできません。

経済的自由を達成した後も、何十年と実際に資産を管理して生活していくことを考えると、
たまたま達成してしまうというのでは意味がなくて、ゴールを見据えて一つずつ踏みしめて、自分で経験して、理解することが大切だと思います。

経済的自由とは

本ブログで、経済的自由とは労働から解放された状態のことをいいます。

通常大人は、労働を強制されています。それは生活を賄うための収入を労働に依存しているためです。

もちろん働くことは悪いことばかりではありません。

でも、もしあなたが不労取得を手にして、必死に働かなくても生活には困らないと確信を持てるようになったら、、

やっぱり仕事は辞めますよね。少なくとも、いまより働く時間を少なくします。

実は、そんな夢のような話は、、実際に存在します。

実際に沢山の人が沢山の方法で、それぞれの経済的自由を実現しています。

しかし、そのためには大量の蓄財と正しい知識と経験が必要です。

それは、たとえ凡人でも時間をかけてコツコツ準備していけば、実現できます。

ただし、「お金はあるだけ使いたい」という強いポリシーがある方だけは無理です。
その人は、一生働き続けて収入を最大化し続ける以外に解決策はありません。

それ以外の人については、働く時間と、自分の人生にかかるお金ときちんと向き合って、時間をかけていけば、きっと自分にとって最適な経済的自由を手にできます。

この記事で基本的な考え方について整理して、具体的なやり方については別の記事にしていきたいと思います。

2つのフェーズ、5つのステップという考え方

2つのフェーズ、5つのステップとはズバリ、下図のことです。

お金をいっぱい手にしただけでは、経済的自由を手にできません!!

もし、宝くじに当選して1億円手にしたら、あなたは経済的自由になれると思いますか?

資産運用で年間3~5%程度の利益を出すことは現実的ですので、それを実践し、年間の支出を300万円~500万円に抑えれば、

理論上は、資産を全く減らすことなく、永遠に生活することができます!

しかし、多くの人にはこれができません。

現実では、宝くじの高額当選者のなんと80%の人が借金漬けなど不幸になってしまっているとか、
(出典は「ムー」とのことでちょっと眉唾ものですが)

なんでこんなことになってしまうのでしょうか。

なぜ、1億円を手にした人がお金に困ってしまうのか?

  • お金がいっぱいある→いっぱい使う!という思考
  • 1億円というお金の価値が理解できていない。
    →1億円あれば、短期間なら贅沢三昧もできますが、
     働かずに何十年も生活するとなると、決して余裕というわけではありません。
  • 資産運用の経験がないため、都合のいい詐欺話に簡単に騙されてしまう。

皆さんはどう思いますか?

これって実は、宝くじを引き当てるような運命力を持たない三男(そもそも買わない)のような凡人にも関係がある話なんです。

つまり、労働から解放されるためには、

・いっぱいのお金を手に入れる

だけではダメで、

・家計の収支をコントロールできる能力

・お金にお金を稼がせる知識と経験

も必要だということですね。

なので、5つのステップを踏んで、正しい知識と経験を積むことは経済的自由を手にするには必須だと考えています。

フェーズ1 資産運用に回せる貯蓄をがっつり確保する。

生活を支えてくれるだけの不労取得を手にするためには、まず元手=貯蓄がいります。

まずは、月々の収支をがっつりプラスにして貯蓄をためていきましょう。

ステップ1 把握

まずは、自分にはいくらの収入があって、支出があるのか把握するところから始めましょう。

これがわからないことには、どんなに頑張っても、どうしたら経済的自由を達成できるかさっぱり見えてきません。

「家計簿をつけたり、いちいちレシートを管理するのはめんどくさい」と思う方もいるかと思います。

三男

私はめんどくさいので、自分でやったことありません。

全て、自動で記録をつけてくれる家計簿ソフトにお願いしましょう

三男が実際に使っているのは、Money Forward MEです。

最初に銀行口座やクレジットカード、電子マネーを登録してしまったら、あとは本当に何にもやっていません。

有料版もありますが、無料でも充分使えますので、登録されていない方は、登録を強くお勧めします。

三男は最近有料版に登録しましたが、ほとんどの人は、有料版にする必要はないと思います。

また、現金の使用はなくして、クレジットカードや電子マネーでの支払いに切り替えていくこともおススメです。

現金での支払いをなくしていけばいくほど、ポイントもつきますし、使った履歴を細かく自動で記録してくれます。

Money Forwardがつけてくれた記録をもとに、年間での振り返りや計画の見直しもできるようになりましょう。

ステップ2 支出の最適化

自分の収支の状況がわかったら、まずは支出を削減を目指しましょう。

力を入れたいのは、固定費の見直しです。

削減できるとオイシイ固定費

  • 保険代
  • 家賃
  • 携帯料金
  • 電気代
  • 水道光熱費

固定費の削減は、自分の生活の満足度を全く下げずに、毎月の支出を下げられる場合もあります。

つまり、知って行動するだけでとっても得をすることができます。

しかも、毎月の費用なので削減効果も抜群です。

昔ながらの料金のまま、ずーっとイマイチなサービスを提供している企業もあれば、かなり頑張っている企業もあります。

ちゃんと新鮮な情報をつかんで、頑張っている企業のサービスを利用していきましょう!

三男も自分が使ってみた良いサービスをどんどん発信していきます!

お金の話になると、稼ぐ方にばかり目が行ってしまう人が多いのですが、経済的自由の実現には、支出を減らすことはとっても大事です。

不労所得で生活を送ろうと考えたときに、支出が年間300万円なのか、500万円なのかはたまた1,000万円かということで、

必要な元手が全然違ってきます。

ただ、自分が本当にしたいことを我慢してまで、支出を減らすというのはイマイチだと思います。

「最適化」していくという考え方が大事だと思っています。

ステップ3 収入の最適化

もちろんいっぱい稼いだ方がいいんですけども、、

三男

皆さんは、働きすぎて三階から飛び降りるようなことだけはやめましょうね。

お金の問題はいっぱい稼げば解決するというものではないと思っています。

例えば、夫婦で年収2,000万円の超イケている家族がいたとします。

イケている家族はイケているので、都心のタワーマンションに住んで、素晴らしいものを食べ、素晴らしいエステやジムなんかにいっちゃいます。

そうこうして、年間2,000万円使わないと満足しない体になってしまいました。

この家族が、経済的自由を手にすることはできますでしょうか?

残念ながらかなり難しいですね。

むしろ経済的自由とは正反対にいるとさえ言えます。

2,000万円稼ぎ続けないといけないとすると、労働をやめることはできないでしょう。手を抜いて休むことすらできません。

これはつまり、一生を労働に捧げ続けなければいけないことがほぼ確定してしまっています。

いっぱい稼ぐことは大事なんです。

ただ、経済的自由のためには、収支を把握し、支出を管理する能力の方がより大事だということは強調しておきたいと思います。

収入も自分の人生に「最適化」するのが大事かなと思います。

私はサラリーマンをやっていますので、サラリーマンとしてストレスを少なく、できるだけいっぱい稼ぐ方法なんかを発信していければいいかなと思っています。

副業も大事ですね。このブログも私の副業へのチャンレンジの一つです。

フェーズ2 未来の見通しをたて、資産運用を実践する。

収支を改善して、がっつりゲットした貯蓄は資産運用に回していきましょう。

資産運用で成功も暴落も経験して、スキルアップしながら、現実的なそれぞれの経済的自由への具体的なプランを考えていきます。

ステップ4 運用

投資とか運用とか、危ないんじゃないの?

はい。その考えは非常に健全です。

ただし、過去の長期の資産運用の実績という事実を見ると、現金のままにしておくことがどれだけもったいないことかということも確認することができます。

ジェレミー・シーゲル著 株式投資の未来

これは、株式投資家必読のジェレミー・シーゲル著「書株式投資の未来」という本から引用した画像です。

1ドルを株、国債、金、ドルで1801年から2001年まで保有していた場合に、価値がどうなったかというグラフです。

まず、一番増えているを見ますと、1ドル59万7,485ドルなったことがわかります。

続いて、国債が増えていて、金はかろうじてプラスになっています。

そして、ドルのまま保有していると、インフレの影響を受けて、0.07ドルになってしまいました。

では、なぜ株だけがこんなに価値が増えたのでしょうか

実は、答えは非常にシンプルです。世界経済が200年かけて成長したからです。

100年前より30年前の方が人間はいろんなものを持つようになりました。

30年前より今の方がもっといろんなものを持って、人々は豊かに暮らしています。

今もAIや通信やロボットの技術が進歩していますね。

あなたは、30年後、人々の生活は今より豊かになっていると思いますか?

私は、社会経済がきちんと機能してさえいれば、大丈夫だと思います。

なので、三男の基本的なスタンスは、全世界経済の成長の恩恵にあずかれるような株式インデックスをただひたすら長期間保有するというものです。

三男

全世界の経済成長の恩恵を受けられるようにしておけば、

長期で、3~5%の複利ぐらいなら見込んで大丈夫でしょ。

最近は、経験のために高配当ETFを少し保有してみたりもしていますが、基本的な考え方は一緒です。

コロナショックで結構下がりましたが、長期で見れば暴落が来るのは予定済みです。ほぼ無視しています。

ステップ5 経済的自由へ

例えば、年間の支出が400万円として、運用の利回りが4%だとしたら、元手は1億円必要です。

なので、1億円貯めましょう。

。。。

三男

これは、来世に期待ですかね。。。

このブログのテーマは凡人が目指すというものですので、もう少し目標を下げましょう。

労働からの解放って、必ずしも全く働かないことでもないんじゃないかなと思うんです。

  • 嫌になったらいつやめても大丈夫。
  • アルバイトは少しやってもいい。
  • サラリーマンは嫌だ。フリーランスならやってもいい。

これぐらいなら凡人にだって現実的です。

私にとっての、労働からの解放とは、労働を強制されない状況になること、

働かなくてもいいけど、働いてもいいというぐらいの心持ちで人生を歩めるようになりたいなと思っています。

また、絶対働きたくないという人にも1億円貯める以外にいろんな達成の仕方があります。

  • 自分が働かなくても、稼いでくれる「仕組み」を所有する
  • 支出を極限まで落とす
  • 物価が安い国や地域に移住する、旅する

お金の仕組みを理解してコツコツ準備すれば、労働から解放される方法はたくさんあります

先人の知恵に学びながら、将来を予測する力、不測の事態を乗りきる方法を身に着けて、それぞれの経済的自由を実現してきたいですね。

終わりに

この記事では、三男の考える経済的自由について、2つのフェーズ、5つのステップと整理いたしました。

それぞれの具体的なやるべきことや方法についても、少しずつ記事していきたいと思います。

読んでくださってありがとうございました!